スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【本】長期安定政権の秘訣とは?<吉田茂編>

長期安定政権を実現した
戦後の5人の総理

に関連する本をシリーズで紹介しています。

今回は、戦後の長期安定政権第2位(2,616日)の
吉田茂のリーダーシップに関する著作をピックアップ。

--------------------------------------------------------
『戦後政治体制の起源―吉田茂の「官邸主導」』
 (村井哲也、2008年、藤原書店)
 「GHQ」「官僚」「政党政治家」といった諸勢力の対立・競合のなかで、
 吉田茂は、いかにして「官邸主導」を実現したのかが描かれた本。


『宰相吉田茂』
 (高坂正尭、2006年、中央公論新社)
 吉田茂の政治哲学や政策について、
 当時の国際情勢などを踏まえつつ、客観的に評価・考察。


【オススメ本】総理大臣の権限や仕組み

前回、「総理大臣のリーダーシップや資質」
に関する著作を紹介しました。

今回は、
「総理大臣の権限や仕組み」の解説書をピックアップ!

ベールに包まれた「総理大臣の権力」や「官邸機能」―。
体系的に分析した学術書や、わかりやすい解説本は、
残念ながら、まだまだ少ないのが現状です・・・。

ぜひ、読んでみてください!

--------------------------------------------------------
『総理大臣の権力と指導力―吉田茂から村山富市まで』
 (信田智人、1994年、ちくま書房東洋経済新報社)
 歴代総理は「世論」「ブレーン」などの政治資源をどう活用し、
 権力・権限をどう行使したのか―。
 数多くの具体例を示しながら、総理大臣の権力について分析。


 信田智人氏には以下の著作もあるので、参照のこと。
  ●『官邸の権力』
   (信田智人、1996年、ちくま書房)

『いまこそ知りたい 総理大臣のしごと』
 (槇野咲男、2004年、日本実業出版社)
 総理大臣の権限や職務、総理大臣への道のり、内閣官房など、
 総理大臣についてテーマ別にわかりやすく解説。


『首相の権力―日英比較からみる政権党とのダイナミズム』
 (高安健将、2009年、創文社)
 首相職の位置づけ、首相の権力、与党との関係など、
 日本と同じ議院内閣制をイギリスと比較検証した学術書。


『中央省庁改革―橋本行革が目指した「この国のかたち」』
(田中一昭・岡田彰、2000年、日本評論社)
 2001年中央省庁改革に関する制度設計の議論を検証し、
 官邸機能の強化などの今後の課題、あり方を提言。


『官邸と官房』
 (日本行政学会、2005年、ぎょうせい)
 中央省庁再編に伴う内閣官房の体制など、
 行政学の観点から「官房」システムについて考察。


【本】長期安定政権の秘訣とは?<佐藤栄作編>

総理大臣のあり方について
より理解を深めていただくため、
何回かに分けておススメ本を紹介しております。

総理が掲げる政権構想の実現には、
「まとまった期間」と「安定した政治基盤」が必要です。
その意味で、いかに長期安定政権をつくるか
政権運営のカギといえるでしょう。

戦後の歴代総理のうち、長期安定政権を実現した
第1位 佐藤栄作(2,798日)
第2位 吉田茂(2,616日)
第3位 小泉純一郎(1,980日)
第4位 中曽根康弘(1,806日)
第5位 池田勇人(1,575日)

の関連本をシリーズでお届けしたいと思います。

今回は、戦後の長期安定政権第1位の
佐藤政権に係った当事者の著作をピックアップ。

関心をもたれた方、ぜひ、読んでみてください!!

--------------------------------------------------------
『楠田實日記―佐藤栄作総理首席秘書官の二〇〇〇日』
 (楠田實、2001年、中央公論新社)
 佐藤栄作に惚れこんで政権立ち上げを仕掛け、
 そして沖縄返還、長期安定政権化に奔走―。
 佐藤総理と二人三脚で歩んできた政務担当秘書官の日記。


 飯島勲氏(小泉総理の政務担当秘書官)が、
 テレビ番組で総理・秘書官らが読むべき本として紹介した1冊。
 
 楠田實氏には以下の著作もあるので、参照のこと。
  ●『首席秘書官―佐藤総理との十年間』
   (楠田實、1975年、文藝春秋社)

『佐藤内閣回想』
 (千田恒、1987年、中央公論社)
 佐藤総理の私的ブレーン「Sオペレーション」のメンバーが明かした
 政権運営とSオペの舞台裏。


『他策ナカリシヲ信ゼムト欲ス』
 (若泉敬、1994年、文藝春秋)
 佐藤総理が掲げた政権目標「沖縄返還の実現」に向け、
 密使としてアメリカ当局と秘密交渉を重ねた当事者の証言。



【オススメ本】総理大臣のリーダーシップや資質?

今回も、前回に引き続き、
「総理大臣のリーダーシップや資質」
に関する著作をピックアップしてみました。

前回ご紹介した本は政治関係者の著作でしたが、
今回ご紹介する本は、
客観的立場で総理大臣の資質を検証・評価したものです。

関心をもたれた方は、
ぜひ、読んでみてはいかがでしょうか。

--------------------------------------------------------
『歴代首相の言語力を診断する』
 (東照二、2006年、研究社)
 歴代総理の演説などをもとに、リーダーの言葉、
 言語力に注目して分析。


『至上の決断力―歴代総理大臣が教える「生き残るリーダーシップ」』
 (小林吉弥、2004年、講談社)
 伊藤博文から小泉純一郎まで歴代総理56人を評価し、
 リーダーの必須条件とは何かを検証。


『素顔の宰相―日本を動かした政治家83人』
 (冨森叡児、2000年、朝日ソノラマ)
 「判断力と先見性」「決断と実行力」「責任感」の観点から
 総理大臣、政治家の資質に言及。


『史観宰相論』
 (松本清張、2009年、筑摩書房)
 近代のトップ・リーダーが行った政治判断と、
 それに伴う功罪を考察し、
 一国の宰相の資格と条件について論じた本。



【オススメ本】総理大臣のリーダーシップや資質?

より多くの皆さんに、
一国のトップリーダー“総理大臣”に関する見識を深め、
皆さんなりの総理大臣像について考えていただきたいと思っています。

そこで、何回かに分けて
総理大臣に関する推薦本などを、皆さんにご紹介させていただきます。

今回は、
「総理大臣のリーダーシップや資質」
に言及した著作をピックアップしてみました。

関心をもたれた方は、
ぜひ、手にとって読んでみてください!!

--------------------------------------------------------
『首相官邸の決断―内閣官房副長官 石原信雄の2600日』
 (石原信雄、1997年、中央公論社)
 竹下登から村山富市まで7人の総理大臣を補佐した
 内閣官房副長官によるオーラルヒストリー。


『総理の品格―官邸秘書官が見た歴代宰相の素顔』
 (木村貢、2006年、徳間書店)
 大平正芳や宮沢喜一などの総理に仕え、
 宏池会事務局長として政治に係ってきた当事者の証言。


『判断力と決断力―リーダーの資質を問う』
 (田中秀征、2006年、ダイヤモンド社)
 細川護煕総理のブレーンだった当事者が、
 決断力と判断力を軸にリーダーの条件、必要な資質に言及。


『首脳外交力―首相、あなた自身がメッセージです!』
 (平林博、2008年、日本放送出版協会)
 首脳外交の重要性が高まっているなか、
 外交官だった著者が政治リーダーに求める資質、
 総理の外交補佐体制のあり方などを提唱。


『内閣総理大臣―その力量と資質の見極め方』
 (桝添要一、2002年、角川書店)
 内閣総理大臣に必要な資質などを論じるとともに、
 有権者の政治リテラシーの重要性も主張。



皆さんの声、募集します
募集バナー3

あなたの考える
「総理大臣の資質や仕組み」とは?


皆さんからの
投票、投稿(自由記述)を
お待ちしております。

詳細は、
  バナーをクリック!


「皆様からのご提案」掲載ページはコチラ(随時、更新中)
最新記事
カテゴリ
Flashカレンダー
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
『できる総理大臣のつくり方』
      発売中

   [詳細はコチラ]


【著】黒澤善行、鈴木崇弘ほか
【出版社】春日出版
【定価】1,575円(税込)
ISBN 978-4-86321-191-9

なぜ日本は、いとも簡単に総理
大臣が代わってしまうのか―。

総理大臣にまつわる課題を解き明かしながら、
「キムタクに学ぶ総理大臣の
 リーダーシップと資質」
「国民に信頼される総理大臣の
 つくり方 」
      などを提唱する!!

(総理大臣を見極めるための
 「チェックリスト」付き)

★ネットでの購入は
 アマゾン (レビュー付き)
 セブン・アンド・ワイ
 ビーケーワン
 Yahoo!JAPANブックス

プロフィール

YK

Author:YK
黒澤 善行
シンクタンク2005・日本
研究員

・政策系大学院修了
・「週刊エコノミスト」記者
・衆議院議員政策スタッフ
       などを経て現職。

QRコード
QRコード
検索フォーム
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。