スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【オススメ本】総理大臣の権限や仕組み

前回、「総理大臣のリーダーシップや資質」
に関する著作を紹介しました。

今回は、
「総理大臣の権限や仕組み」の解説書をピックアップ!

ベールに包まれた「総理大臣の権力」や「官邸機能」―。
体系的に分析した学術書や、わかりやすい解説本は、
残念ながら、まだまだ少ないのが現状です・・・。

ぜひ、読んでみてください!

--------------------------------------------------------
『総理大臣の権力と指導力―吉田茂から村山富市まで』
 (信田智人、1994年、ちくま書房東洋経済新報社)
 歴代総理は「世論」「ブレーン」などの政治資源をどう活用し、
 権力・権限をどう行使したのか―。
 数多くの具体例を示しながら、総理大臣の権力について分析。


 信田智人氏には以下の著作もあるので、参照のこと。
  ●『官邸の権力』
   (信田智人、1996年、ちくま書房)

『いまこそ知りたい 総理大臣のしごと』
 (槇野咲男、2004年、日本実業出版社)
 総理大臣の権限や職務、総理大臣への道のり、内閣官房など、
 総理大臣についてテーマ別にわかりやすく解説。


『首相の権力―日英比較からみる政権党とのダイナミズム』
 (高安健将、2009年、創文社)
 首相職の位置づけ、首相の権力、与党との関係など、
 日本と同じ議院内閣制をイギリスと比較検証した学術書。


『中央省庁改革―橋本行革が目指した「この国のかたち」』
(田中一昭・岡田彰、2000年、日本評論社)
 2001年中央省庁改革に関する制度設計の議論を検証し、
 官邸機能の強化などの今後の課題、あり方を提言。


『官邸と官房』
 (日本行政学会、2005年、ぎょうせい)
 中央省庁再編に伴う内閣官房の体制など、
 行政学の観点から「官房」システムについて考察。


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

皆さんの声、募集します
募集バナー3

あなたの考える
「総理大臣の資質や仕組み」とは?


皆さんからの
投票、投稿(自由記述)を
お待ちしております。

詳細は、
  バナーをクリック!


「皆様からのご提案」掲載ページはコチラ(随時、更新中)
最新記事
カテゴリ
Flashカレンダー
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
『できる総理大臣のつくり方』
      発売中

   [詳細はコチラ]


【著】黒澤善行、鈴木崇弘ほか
【出版社】春日出版
【定価】1,575円(税込)
ISBN 978-4-86321-191-9

なぜ日本は、いとも簡単に総理
大臣が代わってしまうのか―。

総理大臣にまつわる課題を解き明かしながら、
「キムタクに学ぶ総理大臣の
 リーダーシップと資質」
「国民に信頼される総理大臣の
 つくり方 」
      などを提唱する!!

(総理大臣を見極めるための
 「チェックリスト」付き)

★ネットでの購入は
 アマゾン (レビュー付き)
 セブン・アンド・ワイ
 ビーケーワン
 Yahoo!JAPANブックス

プロフィール

YK

Author:YK
黒澤 善行
シンクタンク2005・日本
研究員

・政策系大学院修了
・「週刊エコノミスト」記者
・衆議院議員政策スタッフ
       などを経て現職。

QRコード
QRコード
検索フォーム
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。