スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【本】長期安定政権の秘訣とは?<佐藤栄作編>

総理大臣のあり方について
より理解を深めていただくため、
何回かに分けておススメ本を紹介しております。

総理が掲げる政権構想の実現には、
「まとまった期間」と「安定した政治基盤」が必要です。
その意味で、いかに長期安定政権をつくるか
政権運営のカギといえるでしょう。

戦後の歴代総理のうち、長期安定政権を実現した
第1位 佐藤栄作(2,798日)
第2位 吉田茂(2,616日)
第3位 小泉純一郎(1,980日)
第4位 中曽根康弘(1,806日)
第5位 池田勇人(1,575日)

の関連本をシリーズでお届けしたいと思います。

今回は、戦後の長期安定政権第1位の
佐藤政権に係った当事者の著作をピックアップ。

関心をもたれた方、ぜひ、読んでみてください!!

--------------------------------------------------------
『楠田實日記―佐藤栄作総理首席秘書官の二〇〇〇日』
 (楠田實、2001年、中央公論新社)
 佐藤栄作に惚れこんで政権立ち上げを仕掛け、
 そして沖縄返還、長期安定政権化に奔走―。
 佐藤総理と二人三脚で歩んできた政務担当秘書官の日記。


 飯島勲氏(小泉総理の政務担当秘書官)が、
 テレビ番組で総理・秘書官らが読むべき本として紹介した1冊。
 
 楠田實氏には以下の著作もあるので、参照のこと。
  ●『首席秘書官―佐藤総理との十年間』
   (楠田實、1975年、文藝春秋社)

『佐藤内閣回想』
 (千田恒、1987年、中央公論社)
 佐藤総理の私的ブレーン「Sオペレーション」のメンバーが明かした
 政権運営とSオペの舞台裏。


『他策ナカリシヲ信ゼムト欲ス』
 (若泉敬、1994年、文藝春秋)
 佐藤総理が掲げた政権目標「沖縄返還の実現」に向け、
 密使としてアメリカ当局と秘密交渉を重ねた当事者の証言。



スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

皆さんの声、募集します
募集バナー3

あなたの考える
「総理大臣の資質や仕組み」とは?


皆さんからの
投票、投稿(自由記述)を
お待ちしております。

詳細は、
  バナーをクリック!


「皆様からのご提案」掲載ページはコチラ(随時、更新中)
最新記事
カテゴリ
Flashカレンダー
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
『できる総理大臣のつくり方』
      発売中

   [詳細はコチラ]


【著】黒澤善行、鈴木崇弘ほか
【出版社】春日出版
【定価】1,575円(税込)
ISBN 978-4-86321-191-9

なぜ日本は、いとも簡単に総理
大臣が代わってしまうのか―。

総理大臣にまつわる課題を解き明かしながら、
「キムタクに学ぶ総理大臣の
 リーダーシップと資質」
「国民に信頼される総理大臣の
 つくり方 」
      などを提唱する!!

(総理大臣を見極めるための
 「チェックリスト」付き)

★ネットでの購入は
 アマゾン (レビュー付き)
 セブン・アンド・ワイ
 ビーケーワン
 Yahoo!JAPANブックス

プロフィール

YK

Author:YK
黒澤 善行
シンクタンク2005・日本
研究員

・政策系大学院修了
・「週刊エコノミスト」記者
・衆議院議員政策スタッフ
       などを経て現職。

QRコード
QRコード
検索フォーム
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。